ホーム > 特集 > 学校ライブ主催者募集ページ
2015年12月31日(木)
学校ライブ主催者募集ページ





子供達が今必要としている言葉、ご依頼者様からのご要望に沿ったテーマや内容で普段のライブとは違う映像やトークを交えてのライブプログラムを届けています。
音楽というツールを使うことで生徒の皆様も受け入れやすく、また楽しみながらその心で学びを受け取っていただけるプログラムとなっております。


過去ライブ公演実績

★小学校
津市立高茶屋小学校(三重)・島根県雲南市立海潮小学校(島根)

★中学校
箕面市立第六中学校(大阪)・浜松市立中部中学校(静岡)・三鷹市立第四中学校(東京)・浜松市立佐久間中学校(静岡)・静岡県浜松市立北部中学校(静岡)・静岡県浜松市立江南中学校(静岡)・静岡県浜松市立新津中学校(静岡)・学校法人西大和学園(奈良)・浜松市立可美中学校(静岡)・沼津市立高等学校 中等部(静岡)・浜松市立中郡中学校(静岡)・浜松市立北星中学校(静岡)・沼津市立金岡中学校(静岡)・沼津市立原中学校(静岡)・河内長野市立南花台中学校(大阪)・東大阪市立縄手南中学校(大阪)・静岡市立由比中学校(静岡)・下呂市立萩原北中学校(岐阜)・沼津市立大岡中学校(静岡)・焼津市立大富中学校(静岡)・飛鳥未来高校(大阪)・沼津市立金岡中学校(静岡)・沼津市立愛鷹中学校(静岡)・千曲市立戸倉上山田中学校(長野)・新潟市立小須戸中学校(新潟)

★高等学校
学校法人 伊勢学園 伊勢学園高等学校(三重)・学校法人常翔学園中学校 高等学校(大阪)・東京都立田柄高等学校(東京)・学校法人日本航空高等学校(山梨)・兵庫県立芦屋高等学校(兵庫)・学校法人松本昭和学園 エクセラン高等学校(長野)・兵庫県立淡路高等学校・三重県立松阪商業高等学校

★大学
龍谷大学(京都)・三重大学(三重)・摂南大学(大阪)・奈良女子大学(奈良)・神戸松陰女子学院(兵庫)・武庫川女子大学(兵庫)

★その他
沖縄少年院 福島県立猪苗代養護学校(福島)・あさひがおか保育園(福島)・浜松市立犬居幼稚園(静岡)



ロックバンドという名前から難しいイメージを御想像されるかもしれませんが、演奏自体はドラムセットを使わずパーカッションで行い、エレキギターや大型のアンプなども使用せずアコースティックな仕様にすることで音量制限や会場ごとに合わせた演奏を行います。

また、専属のプロの音響オペレーターが必ず全会場付きますので騒音問題や演奏環境の問題は全くない状態で行わせていただいております。


お陰様で公演のほうは大きな反響をいただいておりまして沢山の公演依頼をいただくようになりました。
音楽というツールを使うことで生徒の皆様も心を開きやすく友達とコミュニケーションをとり楽しみながらその心で多くの学びや言葉を受け取ってくださっています。

中には学校に通えない不登校となってしまった生徒様もこの日だけは学校に来てくださりその後明るく学校にも通えるようになったり、学校全体での退学者数が過去と比べ激減するなど先生方からもたくさんの喜びの声をいただいております。
多くの子供たちの未来がより一層輝くことだけを心に今後も学校での公演を続けて参りたいと思います。



Vocal&三線 DAI
母子家庭の貧しい家に生まれ仲の良かった同級生が自ら命を絶ったことがきっかけでメッセージソングを歌い始める。 唄い続けて10年がたつ頃育ての親である叔父がまた自ら命を絶ったことで精神的なショックから生まれ持った重度のアト ピーがさらに悪化し20代の半ばで1度は社会復帰不能の状態に陥る。
それでも「亡くなっていった人たちの命を無駄にしてはいけない」と再起しステージへ立ち続けている。

Guitar YOU
在日韓国人という国籍の元に生まれ、また上顎の骨が欠如した状態で生まれる「口唇口蓋裂」という障害を持って生を受ける。
奇形児として生まれたためその幼少時代、また学生時代は鼻が曲がっていたり言葉がうまく発音出来ないことからクラス 内ではひどい苛めに合い、「鼻曲がり」と呼ばれた暗い過去がある。
それでも両親の支えの元、音楽と出合うことで「人の人生は生まれで決まるものじゃない。どんな場所からでも幸せをつかむことができる。」とステージに立つ姿を通して多くの人に伝えている。

Bass 本東地 隆将
中学時代、メンバーと出会ったころはクラスの中でも全く目立たないような存在の少年で友達もほとんどいなかった。
音楽と出合いステージに立つことで初めて自分の輝ける場所を見つけその人生が大きく輝きだした。
人とコミュニケーションが取れなかったり全然自分に自信がなかった自分でも夢を叶えたり、大きな目標を達成することができる。
その人生を通してのメッセージを伝えている。

Drum&percussion 成
おかんに加入してから数年の後、最愛の母親が末期の癌であることを告げられる。
闘病中の母親に対して自分は何もしてやることができず最後まで見送ってあげる事しかできなかった。
しかし、彼の音楽を続ける姿、楽しそうにドラムをたたく姿を闘病中の母が看護師さんにいつも嬉しそうに話していたことを聞き、「母が愛してくれた自分の音楽をずっと続けていくことこそが母への恩返しだ」と心に近い、音楽を続ける。




MESSAGE



【Cafe&Dining EARTH DIVER】

INFORMATION

  • おかんの楽曲をリクエスト
  • ファンクラブ
  • ファンクラブ

NEWS

おかん新着ニュース